ほうれい線と顔のたるみ

ほうれい線と顔のたるみ対策法

ほうれい線が出来ないスキンケア法

 

ほうれい線が出来ないスキンケア法は、どのようにすればいいのかというと、とにかく保湿が大事です。肌の土台は、コラーゲン線維とエラスチンで成り立っています。
美肌の基本は紫外線対策で、そのためには保湿をしっかりしていく必要があります。一年中、屋内でも、日焼け止めを忘れずに塗るようにし、日焼け止めは、薄く三度塗りします。本格的なスキンケア法としては、美容医療もおすすめです。

 

肌のハリを取り戻すことができ、出来てしまったほうれい線も浅く出来る力があります。伸びてしまったコラーゲン線維を太くし、線維芽細胞を活性化できます。
コラーゲン線維やエラスチンの産生を促すことができるので、ほうれい線が出来ないスキンケア法として、高周波治療器、光治療器、ヒアルロン酸注射などは推奨できます。
ただし、ほうれい線を予防する目的でするなら、30代前から始める必要があります。とにかく、スキンケアは早いうちから始めることが大切です。ほうれい線は、肌のたるみやはり不足、筋力不足が考えられるので、スキンケアと合わせて、顔の筋肉を動かすトレーニングも欠かせません。
ほうれい線を消すには?

シミやそばかすが出来る原因として紫外線があげられますが、紫外線は皆さんご存知ですよね?ではこの紫外線にA波とB波があるのはご存じでしょうか?女性なら知っている人も多いかも知れませんが、紫外線A波は、たるみ、シワ、肌の赤みの原因に。紫外線B波は、シミ、そばかすをつくったり、肌を黒くしたりします。また強力な日焼け止めはお肌に負担を掛けますので、毎日強力な日焼け止めを使用する事により、日焼け止め自体がお肌のトラブルを招き、ニキビ跡などが色素沈着してシミなどの原因になる事も考えられます。普段使いや、レジャー向けなど紫外線を浴びる時間や、場所に合わせてその日使う日焼け止めを選ぶ事が大切です。上記でも述べた様に、シミ、そばかすをつくる紫外線はB波になります。A波もお肌を赤くしたり一時的に黒くしたりする様ですが、A波の殆どはお肌の表面までしか届かない為、シミやそばかすをつくる大きな原因となる紫外線はB波という事になります。日焼け止めに表示されている、SPFとPAの意味は、SPFが紫外線B波を防止する時間を数値で表示したもの、PAが紫外線A波の防止効果を+の数で表示したものです。防止出来る時間(数値=時間ではありませんが、数値が大きい方が長時間防止する事が出来ます。)+も多い方がしっかり紫外線を防いでくれます。普段使いであればSPF30でPA+〜++でも問題はないとされています。一日中野外にいるならSPF50のPA+++、室内ならPA+など状況にあった日焼け止めを選んで、お肌に負担を掛けずにシミやそばかすのない素肌を目指しましょう。

 

http://肌荒れサプリ・.com/

続きを読む≫ 2015/11/16 17:29:16

 

年齢とともに避けられない顔のたるみ。ある程度のたるみは仕方ないとしても、やはりハリのある若い頃のような肌を取り戻したいと思うのは女性の永遠のテーマではないでしょうか。水分は安い化粧水でいいからたっぷり浸透させた方がいいと言いますが、安い化粧水でもたるみ効果のある成分が含まれているかが大切です。顔のたるみに効く化粧品はいろいろでていますが、たるみに効果のある成分がどれだけの量が配合されているかがスキンケア用品を選ぶポイントとなります。

 

顔のたるみに効果のある成分は、保湿成分の代表でもあるセラミド。浸透率に優れたビタミンC誘導体。コラーゲンを増やす効果のあるレチノール。新陳代謝として働くAHA。肌のハリを蘇らせるナイアシン。老化の原因でもある活性炭素を排出させる働きをする抗酸化成分。この、セラニド・ビタミンC誘導体・コラーゲン・レチノール・AHA・ナイアシン・抗酸化成分が配合されている化粧水や美容液などがたるみ改善に効果があります。紫外線はお肌の老化を促進します。
日頃から紫外線対策は油断せず、朝の洗顔後にはUVクリームは必需です。窓越しや洗濯でも紫外線はたっぷり浴びています。紫外線がたるみの1番の原因になりますので紫外線対策はするように心がけましょう。

 

顔のたるみを予防するには?

続きを読む≫ 2015/06/19 15:00:19

ホーム RSS購読 サイトマップ