紫外線をカットしてくれる日焼け止めの選び方

シミやそばかすが出来る原因として紫外線があげられますが、紫外線は皆さんご存知ですよね?ではこの紫外線にA波とB波があるのはご存じでしょうか?女性なら知っている人も多いかも知れませんが、紫外線A波は、たるみ、シワ、肌の赤みの原因に。紫外線B波は、シミ、そばかすをつくったり、肌を黒くしたりします。また強力な日焼け止めはお肌に負担を掛けますので、毎日強力な日焼け止めを使用する事により、日焼け止め自体がお肌のトラブルを招き、ニキビ跡などが色素沈着してシミなどの原因になる事も考えられます。普段使いや、レジャー向けなど紫外線を浴びる時間や、場所に合わせてその日使う日焼け止めを選ぶ事が大切です。上記でも述べた様に、シミ、そばかすをつくる紫外線はB波になります。A波もお肌を赤くしたり一時的に黒くしたりする様ですが、A波の殆どはお肌の表面までしか届かない為、シミやそばかすをつくる大きな原因となる紫外線はB波という事になります。日焼け止めに表示されている、SPFとPAの意味は、SPFが紫外線B波を防止する時間を数値で表示したもの、PAが紫外線A波の防止効果を+の数で表示したものです。防止出来る時間(数値=時間ではありませんが、数値が大きい方が長時間防止する事が出来ます。)+も多い方がしっかり紫外線を防いでくれます。普段使いであればSPF30でPA+〜++でも問題はないとされています。一日中野外にいるならSPF50のPA+++、室内ならPA+など状況にあった日焼け止めを選んで、お肌に負担を掛けずにシミやそばかすのない素肌を目指しましょう。

 

http://肌荒れサプリ・.com/